知らなきゃ損をする!美容、健康には糖質

最近でこそ、よく耳にするようになった「糖質」

あなたは、「糖質」の事をご存知でしょうか?

Aさん
なんとなく知っている
Bさん
糖質ダイエットしてみようかな
Cさん
糖質食品って体にいいのかな?

と思っていても、糖質について

ちゃんと分かっていない方も多いはず

そこで、私なりに糖質ってどんな栄養素なのか「分かりやすい」と思ってもらえる説明をしていきます。

糖質は、炭水化物の一部

糖質」と「糖類」

よく似ているので、「同じもの」と思われがちですが少し違います。

・「糖質」「糖類」どちらも、ご飯やパンなどの炭水化物

炭水化物は、消化のしやすさによって「糖質」(消化されやすい)と「食物繊維」(消化されない)に分かれます。

「糖類」はというと・・・「糖質」の一部が「糖質」なのです。「糖類」には・・・砂糖、はちみつ、ブドウ糖が主成分があります。

糖質はとても大事なエネルギー

人間は動いている時はもちろん

動いているとき

考えているとき

寝ているとき

生きている限り

常にエネルギーが必要です。

糖質」は、からだの中で、生命維持などに欠かせないエネルギー源なのです。

糖質」を過剰摂取すると、消費されなかった分は、「脂肪」として、体の中に蓄えられるので注意です。そうなると「肥満」の原因になります。

糖質の働き

体内で摂取された「糖質」はどんな働きをしているのでしょうか?

エネルギー源として「糖質」は必要不可欠な栄養素です。

「糖質」のほとんどは、体内へ入ると

①消化器官で、ブドウ糖に分解され、全身の細胞で使用されます。

◎必要不可欠なブドウ糖は

・脳を動かす

・赤血球が全身の細胞に酸素を送るエネルギー源となります。

②そのブドウ糖は肝臓に入り

一部は「グリコーゲン」になり、貯蔵されます。

吸収された「グリコーゲン」は血糖として、血液中を移動して、体の各組織に送られます。動いたり考えたりするために血中に十分な「ブドウ糖」がない・・・。

そんな時、蓄えておいた「グリコーゲン」を「ブドウ糖」に戻しエネルギーとして活用されます。

糖質制限について

「糖質制限ダイエットについて」

糖質制限ダイエット、炭水化物抜きダイエットが流行りました。

「なぜ、糖質を制限するとダイエットができるの」

糖質を制限することで、インスリンが大量に体内に放出されてしまうことを防げます。

「インスリン」とは、血糖値を調整するなど、必要なホルモンですが、過剰に放出されてしまうと「脂肪」をため込んでしまう働きがあり、それにより、太る原因となってしまいます。

しかし、「糖質」をカットしてしまうと、脳は、ブドウ糖を蓄える事ができず、極端なダイエットは体に負担がかかりやすくなりますので、注意が必要です。

特に

ニキビや吹き出物

お腹を壊す

結果的に、体内部のバランスが崩れ、悪い影響を及ぼします。

毎日の食生活を振り返り、「糖質」を多く摂取していないか?

「体調管理」がなされていないか?

糖質」は 殻類 イモ類 砂糖類に多く含まれています。

いわゆる、主食です。

適度に糖質を控えるべきか今一度考えましょう。

糖質オフ 食べ物

「一日の目安摂取量はどれぐらい?」

・炭水化物と糖質を一緒に考えた場合、

炭水化物 1g=約4cal

一日に摂取するエネルギーが2000calの場合

摂取基準量は、250g~350gの「糖質」を摂取

することが望ましいとされています。

最近の店頭では

低糖質パン

こんにゃく米

低糖質アイスクリーム

低糖質野菜ジュース

低糖質チョコレート

などたくさんみかけるようになりました。

日頃、炭水化物を取りすぎて「糖質管理を始めてみようかな」と思っているあなた。

厳しく管理すると、ダイエットと同じで続かないもの、無理なく楽しく続けられる、そして美味しい!手軽な食品を利用しながら糖質管理を始めてましょう。

「これは便利!糖質計算なんてあっという間」

食品の包装袋の裏には、たいてい「栄養成分表示」が記載されています。

これをさんこうにすると、「炭水化物」=「糖質」+「食物繊維」

ときちんと㌘表示されています。

これで、毎日の「糖質計算」もかんたんで便利です。

まとめ

最近では、小麦などの「食物繊維」食品

そして、「糖質」を控えた食品

また、「こんにゃく麺」なども今や、そこの店頭でも販売されています。

このような食品を利用して、「糖質管理」をするのも大切です。

適度なダイエット

老化を遅らせる

がんや動脈硬化などの病気を、予防するためには基本とされています。

ただし、糖質」を過度に控えることはストレスになるので気をつけたいところです。

そのためにも。

糖質」について

きちんと基本を知り、どんな食品が体に良いのか、体に負担をかけるのかを

きちんと基本を知り、「糖質管理」することが大切です。

店舗営業時間のご案内

滋賀県大津市中央3丁目8-9クリエイトマンション102(一階テナント)

077-572-6023

営業時間
9時~12時 12時~19時
日のみ ▲9~13時まで ▲9~13時まで

店舗までのアクセス

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。