体の中の毒素

人は、様々な感情を持っています。

怒り

悲しみ

苦しみ

辛さ

イライラ

恐怖・恐れ

ある患者さんから来られた時の話です。

体のここが痛くて&だるい&しんどいなどの症状を訴え

耐えれないとのことでした。

さっそく私は施術を行い、途中経過の際に

患者さんにこう聞きました。

一番辛い痛みがMAX10として

0がなったく痛みがない状態でしたら

今は、いくつですか?

今は6です。
患者さん

最後まで、ほかに原因がないかを検査で調べていると

あることに気づきました。そのあと

私は、患者さんにあることを聞いて

患者さんが言われる事に、そのまま耳を傾けました。

そして患者さんの思いを最後までお聞きし、私から色々なアドバイスをさせていただきました。

そして、すべてお話が終わった頃、患者さんから

さっきまで痛みがあったのに、今は0になりました!!なぜですか?
患者さん

となりました。

なぜ、0になったのでしょうか?

それは、体の中に溜めていたものです。

それを口に出すことによって、体に溜まっていた毒素が出ていき

血液、神経、筋肉、骨、リンパ、脳、内臓の本来の働き出て、自然治癒力がより高まり

回復スピードを上げ、痛みが消失したと思います。

実際に、多くの患者さんが症状の緩和、改善へ向かわれるケースが多いです。

それは、感情という体を乱すものを、溜めていたということになります。

怒りというのでも、「むかつく」「イライラする」「○○が悪い」など

-の感情になります。

しかしながら、怒りでも「なにくそ負けるか~」などの場合は、+の感情になります。

思うことによって、体が+に行くのか-にいくのかは、とらえ方によります。

感情的なものが、溜まってることなんて、なかなか気づきません。

もし、なにかの痛みが続いているのであれば

怒っていないか?

イライラしていないか?

を、冷静な時によく考えてみてください。

そして、マイナスな言葉を言っていないかもう一度振り返ってみてください。

気づくことによって、痛みが緩和する可能性は十分にあります。

ぜひ、気持ちが落ち着いたときにしてみてください。

 

 

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。